もしもアダルトサイトの詐欺にひっかかったら…

自分だけは騙されないと思っていませんか?

普段からいろいろなサイトを見ていてから怪しいサイトとそうでないサイトの区別はつくし、詐欺なんかにあうわけがないと思っている人がほとんどです。実際、騙された人の多くは詐欺に引っかかるつもりはなく、何をしていた時に詐欺にあってしまったのか気づかないというケースがほとんどです。多くの罠はダウンロードや視聴というボタンをクリックさせたり、詳しくはこちらといたテキストリンクをクリックというアクションの中に潜んでいます。

もし、あなたがそのような場面に出くわしたとしたらどうしますか?もちろんお金を払うつもりはない、ということを考えると思いますが、詐欺をする側もユーザーがそのように考えていることをわかっているので、あの手この手で不安を煽り、実際にお金を払わせようとします。そして、不安の煽り方が巧妙なために本当にお金を払ってしまう人がいます。また騙す側もすべてのユーザーが騙されるとは思っていません。しかし数パーセントでも引っかかってくれたら利益になるということで大量の罠をしかけているのです。

例えば、1万人が詐欺の場面に出くわしたとします。その請求が30万円で、騙される人の確率が3%すると約333人×30万で1000万近くの金額になります。だからこそ、騙す側はあの手この手を使ってお金を払わせようとするのです。

架空請求にひっかかったらどうすればいいの?

結論から言えば、何もする必要はありません。「あなたのPCのIPアドレスを記録しました」といったような画像が画面上に表示されることがありますが、基本的にIPアドレスだけでは個人を特定されることはありませんので安心してください(事件性などがある場合、プロバイダー会社が警察からの要請で個人の情報を開示することはあります)。何かアクションを起こして相手方に問い合わせをするなどをしたくなる人もいるかもしれませんが、決してそのようなことはしないでください。とにかく相手の接点を持たないことを第一に考えましょう。

ただ、一点だけ注意することがあります。何らかの会員登録などで住所などがわかってしまっており、裁判所から呼び出しがかかった時には絶対に無視をしないでください。呼び出しがかかったのに無視をして、連絡をしなければ、相手方の主張が全面的に認められ、本当にお金を払わなければならなくなります。それだけは本当に注意してください。

それ以外は特に相手にする必要はありません。ネットにもさまざまな情報がでていますが基本的には身に覚えのないものは払わない!というスタンスでいましょう。

おすすめの記事

ページの先頭へ