chibiボクの名前はチビ助、青森生まれ34才既婚。
仕事を求めて大学卒業後に上京してきたさえないサラリーマンです。


20代までちゃんとした彼女ができたことが一度もありませんでしたが、ある人との出会いからボクの運命は大きく変わり、今では元風俗嬢と結婚して幸せな日々を送っています。
そんなボクが今までに経験した風俗に関する失敗談や成功体験を少しでも多くの方に伝えるとともに、どうやって20代まで彼女がいなかったボクが結婚することができたか、つづっていきます。


童貞を卒業したボクは風俗遊びにますます拍車がかかりました。職場では後輩もでき、社会人として初めて部下を持つ立場になったのです。後輩の中にはボクと同じく地方から上京してきた子もいます。その中でも秋田出身のタツヤという後輩を特にかわいがっていました。身長はボクよりも高いのですが、東北弁が残っておりボクとしてはなんかホッとする存在でした。


そんな彼を男にするためボクは一番敷居の低いオッパブに連れて行くことにしました。田舎から出てきた純粋な少年を風俗の世界に入れるなって? いえいえ、彼は決してボクのように童貞ではなく、彼女がいたこともあります。だから安心してくださいw


初めてボクがオッパブに行ったときは、ボクの顔の前にメロンのようなたわわなオッパイが現れたとき、興奮を抑えきれませんでした。きっと彼もそうなるだろうと少し興味本位でワクワクしていました。


ボクは1軒目の店を決め、後輩と一緒にオッパブへと向かいます。1軒目は席が分かれている一般的なオッパブでした。ボクは女の子が来ると、慣れた感じで自己紹介をしながら、会話を楽しんでいました。後輩は別の席に行ったので、どんな様子か気になるところではありましたが、おかまいなしに、オッパイを堪能。


笑いながら女の子を引き寄せ、右手でオッパイを優しくモミモミ。服の上から乳首をコリコリ触ると、「だめ~」なんて言いながら、まんざらでもない女の子をみてより一層楽しくなってきました。そしてショータイムが始まると、


よっしゃーー、今日もオッパイ一杯吸うぞ~~~~~~~~~


と考えながら、オッパイにチューチュー吸い付き、さらに顔をうずめます。そんなかたちで3人の女の子のオッパイをかわるがわる味わったボクは、時間が来たので予定通りお店を出ます。


その後、同じタイミングで後輩のタツヤが出てきました。ボクは先輩面して「オッパイ楽しんだか~~~?」なんて、聞くとタツヤは悔しそうな顔をして、「いや、全然触らせてくれなかったっす」と言ってきたのです。


バカやろーーーーーー!!!!


オッパブでオッパイを触らしてくれないことなんてあるわけなかろう!と思ったボクは、何をしていたんだ?と問い詰めました。するとタツヤは「普通に楽しく会話してたら女の子が変わっていきました」と。


こいつ、一年前のボクよりダメじゃないか。。。 と思いながらもかわいそうになったボクは、「よし、次は横並びの席に行って、どうやってオッパイをモミモミすればいいか教えてやる!」とタツヤを2軒目の店に連れて行くことにしました。


オープン席のオッパブに行ったことがなかったボクは、風俗案内所に行き、早速物色を開始。そして、ちょうどすぐに行けるオッパブが見つかったので、そこに行くことにしました。


「いらっしゃませ~~~~~~~」


と、薄着のドレスを着た女の子がボクたちを店の中に招き入れいます。早速席につくと、それぞれ隣に女の子が席に着きます。ボクは1軒目と同じように会話を楽しみながら、女の子のオッパイにちょっとずつ手を伸ばしていきます。そして、タツヤに目配せをして、お前もオッパイを触れと合図を出したのです。


するとタツヤは、鼻の下を伸ばしながら「失礼しまーす」といった感じで、オッパイを触ります。そして、ボクはドレスの中に手を入れて、生乳を触り始めました。「まだ、はやいー」と笑いながら少し叱られたボクは、手を引きチャンスタイムを待ちます。そして、いよいよチャンスタイムの開始。


女の子を自分の膝の上に呼び、ドレスが肌けるのを待ちます。そして、金色に輝くオッパイが、ドレスからぽろっと出てくると、今度はボクが「いただきまーーーーす」とばかりに顔をうずめます。そしてそれを見ていたタツヤはボクに遅れて、女の子のオッパイに顔をうずめました。


さらに、ボクは右手でオッパイをモミくだし、右の乳首をチューチュー吸い付きました。するとタツヤも乳首に吸い付き始めます。目の前の女の子が「ああーーん、キモチいいーーーー」なんて声を出すので、ボクはチューチュー、ぺろぺろ、コロコロと、いろんな技を駆使して女の子を攻め続けました。そして、左の席に座っているタツヤも


「オッパイ、おいしいーーー」


と叫びながら女の子のオッパイに顔をうずめて、堪能していました。やがてチャンスタイムは終了。女の子がドレスを着るとタツヤがボクに向かって


「チビ助さん、オッパブ最高っすねーーーーー」



と、話しかけてきました。さらに調子乗ったタツヤは「チビ助さん、延長しましょうよーーー」と行ってきましたが、2軒目のボクにそんな残金はありません。そのため、ボクはタツヤを制止し、出ようとしたのですが、「ぼくがカードで立て替えますよ」といって、ボーイのお兄さんにカードを渡してしまっていました。


ば・か・や・ろ・---------


心の中で叫んでいたボクは、そこまで来ると止められず、渋々、60分間延長に付き合わされたのでした。その後はご察しの通り、後日請求があり、結局支払うはめに・・・。2軒でいっぱいいっぱいだったボクの生活は、その後しばらくカップラーメンが続いたのでした。。。。。

つづく


chibi_bn_off