「今夜こそあの子と念願のSEXをするぞ!!!」

そう今日は前からずっと狙っていた気になるあの子と絶対にSEXをしようと決意して臨むデートの日。
夜景が見渡せるお洒落なお店で食事をしてから、バーに移動。相手もご機嫌で少しほろ酔い気分。

「よし!チャンスだ」と、女の子を手を握りホテルへと向かう。
シャワーを浴びて、心を落ち着かせ、いよいよベッドイン!
最高の時間を楽しもう!・・・と、なるはずだったのに。。。

「○○君のエッチって雑だね、女心全然わかってない!」



jyosei-nayami1経験がよほど豊富かSEXに自信のある男性でない限り、初めてSEXする相手(処女だろとなかろうと)に対して最初は不安なものです。なぜなら相手と自分の体の相性と力量が図れないからです。そのため、初めてSEXするときは相手の反応を見ながら徐々にペースを掴んでいく、というのは一般的な男性のやり方かと思います。

下手に自己満で進めて、女の子に気持ちよくなってもらえないとしたら、きっと2回目以降のチャンスは半分以下になるでしょう。それだけ初めてSEXする際には気を使わなければなりません。
しかし、自分のテクニックが相手にとってどれだけ通じるのか不安になりませんか?

当然、雰囲気作りやテクニック、フィニッシュまでの時間なども大切な要素ではありますが、一番大事な要素はSEXをするときに相手の気持ちを汲み取ってあげられるかどうかということです。ただ単に自分がSEXを楽しむだけでよいのなら、風俗に行けば済む話ですが、好意をいただいている女性とSEXする際に相手のことを考えなければ2回目以降はおろか交際に発展することはないでしょう。

女性が男性とのSEXで不満を感じるポイント

SEXに入るまでのもっていきかたが下手

冒頭で出てきた男性のように狙った女性とSEXをしたいと考えている男性はどうしても第一目標に相手とSEXすることを考えており、SEXまでもっていく過程で相手がどうしたら喜んでくれるかまで頭が回っていません。どうしたらSEXしてくれるか?そのためにはどういう流れでいけばいいかというプランニングばかりに気がいきがちです。自分の中ではこういう流れでSEXに誘ってほしいと考えている女性からしたら、全然違う流れでSEXまで行っても嬉しさは半減してしまいます。

触り方、吸い方(舐め方)が雑で痛い

多くの男性は大人になるまでにAVやエロ動画など何かしら女優が出ている作品を目にしています。その中でAV男優が女性に対して強く迫っていたり、力任せにやっている姿を見て、女性は力強く攻められると感じるものだと勘違いしてしまう男性がいるのです。たいていの中学もしくは高校では保健体育の授業の中で正しい性教育を指導しているはずですが、授業通りの内容では相手が満足すわけがないという勝手な思い込みからそのような真似をするようですが、あくまで作品中の演出であり、痛いものは痛いのです。

要求が多くて何がしたいのかわからない

これも2番目の項目と同じように大人になる過程で知ったプレーを実際に試してみたいと考える男性が多数います。もちろんいつもワンパターンのSEXでは相手も飽きてしまうので変化をつけることは大事です。ただ、あれもこれもやってみたいということで相手に要求ばかりしては、疲れてしまいます。

感じてないのに感じると勘違いして盛り上がっている

女性には感じやすい人と感じにいくい体質の人がいます。さらに性感帯も人それぞです。ある程度SEXの経験を積めば相手が感じているのか、感じていないのか雰囲気で感じ取ることができますが、経験の少ない男性は少しでも女性が声を出したり体をよじると感じていると勘違いして、ひとりでに興奮してしまうようです。しかし、相手とのペースがあっていないため、自分が絶頂に達しても相手はまだそこまで達していないことになります。

満足する前にイッてしまう

満足の度合いというのは人のさじ加減なので、なかなかそれを見極めることは難しいです。早すぎても長すぎても相手に不満が残ります。ただ、相手がイッテいないのに自分だけ先に行ってしまうのは最悪です。(相手の女性にやる気がなく、さっさといってほしいと思っていれば別ですが…)やはりSEXは相手があって成立するものなので、相手のペースを感じ取りながら進めていく必要があります。

イッたあと自分だけ満足してやり切った感を出す

女性はの中にはSEXを相手の愛情を確認する手段の一つとして考えている人もいます。つまりSEXをしている瞬間だけを大事にしているのではなく、始まりから終わり、そしてその後まで一連のプロセスを大事にしたいと考えているのです。そんな中で相手をイカせた達成感で満足していては、ただ単にSEXしたかっただけではないのか?と相手を不安にさせてしまいます。


giveup blue person

大事なのはテクニックよりも相手の気持ち?

One character pulls other by the hand 様々な性関連の書籍やインターネット情報には、技術や経験といった小手先ではなく女性の気持ちを一番に考えていれば技術は関係ない、思いは通じるといったことが書かれていることもしばしば見かけます。

確かにページの冒頭で相手の気持ちを汲み取ることが一番大事といいました。実際その通りだということも否めません。
しかし、それは技術や経験が最低限あってこその話であって、決してテクニックが必要でないかといえばそうではありません。

少しお洒落なレストランに行くときのことを想像してください。マナー教室で習った完璧な作法を用いて食事をしている人はどれくらいいるでしょうか? ほとんどの人が何らかのマナー違反を知らず知らずのうちに犯しています。ただそんな中でも最低限許容できる範囲のマナーは守っているはずです。

そしてお店の人もその思いを汲み取っているからこそ一生懸命サービスを提供してくれます。いくらお金をいただいているからといって、横柄な態度でかつ周囲の人に迷惑をかけるようなお客さんにはお店を出て行ってもらうことさえあるかもしれません。

それと同じように気持ちが大事であることは当然ですが、最低限のマナーは必要です。

どうやって女性を満足させるか

ではどうしたら女性を満足させることができるの?その答えを教えてくれるのが「カリスマ出張ホスト・水嶋トモが教える超快感SEXテクニック」です。初めてSEXする女性の心を鷲掴みにする極意がここにあります。

カリスマ出張ホスト・水嶋トモが教える超快感SEXテクニック」のページを見る

これから紹介するテクニックは、本来であれば一般への公開は絶対にできない「あなたがセックスだけで、女性を中毒状態にする」危険な方法です。

老舗出張ホスト店プレシャスの企業秘密。
指と口で、グッチョグチョに濡らしたマンコから脳まで届く絶頂感により何度も何度も女性がセックスを求めてくる、そのようなテクニックです。

このテクニックを公開することは、簡単に言えば「業界のトップシークレットであるテクニックを暴露する行為」です。出張ホストの同業者、風俗関係者からの圧力もあります。

ですから、このテクニックを公開するには、条件をつけます。18歳未満の方、同業者、性風俗関係者の入場はお断りします。

それと、このサイトは先着200人限定の公開となります。
それ以降の方には一切、テクニックを公開することができません。

興味のある方は、先着順(200人)が終了する前に、このサイトをお読みください。

次回このサイトに来る頃には、もう2度とプロの愛撫テクニックを知ることが出来ないでしょう。おそらく今回が最初で最後のチャンスとなります。