クンニした女性の情報
  • 名前(年齢):ミサキ(20歳)
  • 職業:大学生
  • 身長:160~164cm
  • 体型:ややスレンダー

某掲示板で30人くらいの女性に舐め犬としてクンニしてきました。
その某掲示板が閉鎖で彷徨ってた時にコチラで出会い系でも探せるという記事に出くわしました。

30歳と35歳の2人の人妻とも会えたのですが、レポするのは20歳の大学生ミサキです。
何通かの会話の後にLINE交換するまでは前の2人と同じでした。

しかし、LINEに表示されたのは男の名前です。
この男に「目の前でセフレをクンニでイカせて欲しい」という依頼を受けたのです。
約2年の舐め犬経験でも初めての体験でした。

面白そうだったので、とりあえず会って話をすることにしました。

当日、某カラオケ店へ向かい聞いてた部屋番号へ向かうと、イケメン青年と某人気タレントにそっくりのセフレが迎え入れてくれました。

提案は他の男で感じてるのを見てみたいという彼の願望だそうです。
二人の行為を見るのも、見てヌクのもOKだけど、舐める以外はNGというのです。
ただ、女の子がなかなかイケないというのを聞いて舐め犬魂に火がついてしまいました。

食いついたのを見抜かれたのか「ホテル代は出すので、良ければこれからどうですか?」と。
近くで3人でホテルは見つけていたようで、そのまま向かいました。
イケメンはソファに座ります。

イケメン「どうぞ。好きに始めてください」
私「四つん這いになってください」
ミサキ「シャワー浴びてないですよ」
私「大丈夫ですよ」

スカートをめくるとピンクの下着にうっすらと染みができているのが確認できます。

私「すごい濡れてますね」
ミサキ「イヤっ・・・」
私「エッチな匂いしますね」

下着の上から匂いを嗅ぐと鼻にヌルヌルするくらいです。
クロッチの脇をゆっくり舐めあげていくと、時折ビクンと腰が動きます。
ゆっくり脱がしながら仰向けにするとツルツルに剃られたオマンコが露わになりました。

両脚を上にあげ、アナルの方から御汁をすすり上げてみます。
わざと音がでるように何度も何度も続けると恥ずかしそうです。
声を我慢することもできないようでした。

準備はだいぶ良さそうでしたので仕上げのクリへ集中攻撃を開始です。
「気持ちいい…」という声が漏れ出して行きます。

私「指は入れてもいいんですか?」
イケメン「どうする?」
私「入れて欲しい」
イケメン「だそうです(笑)」

指は入れずにクリをゆっくり同じペースで舐めていくと声はしだいに大きくなっていき…
「イッちゃいそう…ダメっ…逝くっ!!!」と絶叫とともにイッてもらいました。

イッたのはわかってましたが、舐め続けながら指も入れてやります。
「えっ…なんか出そうぅうう…!!!」と絶叫とともに大量に吹き出しました。
グッタリして放心する女。

イケメン「すごいですね(笑)イッたみたいですね。最後は潮吹きですか?(笑)」
私「いえいえ。いっぱい出ちゃってましたね(笑)」
イケメン「こっちでビールでも飲みましょう」

放心してるミサキを見ながら彼氏とビールを飲みながら、しばし談笑。
ミサキも復活するとタオルを巻いてこっちに来てビールを飲む。

イケメン「どうします?最後まで見て行きます?」
私「いえ、これ飲んだら帰ります」
イケメン「わかりました。じゃあ、私はシャワー浴びてきます」

そういってバスルームに消えていく彼氏。
一気に飲み干して変える支度をする。

私「今日はありがとうございます。イケメン氏にもよろしく」
ミサキ「あの…彼に内緒で会えます?」
私「私は良いですけど…」

テーブルにあった紙にIDを書いて渡してきた。
夜の11時を過ぎたころに連絡が返ってきた。

ミサキ「ミサキです。今帰りました。」
私「連絡ありがとう。さっき詳しく聞けなかったけどどういうこと?」
ミサキ「すごく気持ち良かったから・・・また会えないですか?」
私「私は良いですよ。イケメン氏にも言いません(笑)」

翌々日、NGなしでミサキと二人っきりで会いました。
イケメン氏にはバレないようにと微妙な駅で彼女を拾って少し郊外のラブホへ。

男性経験は例のイケメン氏だけで、イッたことがなかったようです。
あんまり気持ちいとも思えなかったみたいです。
そんな話をしながらホテルに入ります。

初回は下しか脱がしてなかったけど上も良い体してます。
シャワーから出てくると…

ミサキ「今日は私からさせてください」
私「フェラしてくれる?」
ミサキ「はい。下手ですけど・・・」

そういってソファーに座る私の前に跪いてタオルを取ると驚かれた。
彼氏のアレはライターくらいのサイズしかないそうだ。
大きいと言ってくれたが、おそらくイケメン氏のが小さすぎるだけで私のは普通サイズだと思う(笑)

ミサキ「イキそうだったらイッてください」
私「口に出していいの?」
ミサキ「はい」
私「いつも口に出されるの?」
ミサキ「いつも飲ませれたら好きになりました」
私「そうなんだ(笑)えらいね~」

サイズが違うのか奥まで咥えようとすると「おえっ」となる(笑)
イッてあげた方が良いのかなって思えるくらい一生懸命なフェラをしてくれる。

私「もう下の口に入れたいなー」
ミサキ「はい」
私「どの体位が好き?」
ミサキ「後ろから・・・」

早速入れさせてもらう。
ただ一人の男しか知らないだけあって狭い。
とにかく狭い。

突くたびにミサキから激しい喘ぎ声が出る。
どんどんスピードをあげると声も大きくなる。
そのまま果てた。
大量にでたのがゴムの重さからもわかる。

何も頼んでいないのにお掃除フェラのサービス(笑)

横になった休んでるミサキの股に顔を埋めクンニ開始。
入れた後なので焦らしはなしでクリの集中攻撃。

「逝くっ!!!」と絶叫とともにイッてしまいました。
後が面倒なので潮吹きはなし(笑)
その代りに・・・言っても舐めながら指も入れて続けてあげました。
3回くらい絶叫しながらイッてたと思います。

ちょっとやりすぎたせいで2回目は途中でギブアップされました。
フェラ頑張ってくれて、最後は飲んでくれました。

私「今日だけにする?またエッチしたい?」
ミサキ「イヤじゃないならしたい・・・」
私「じゃあ、またしよう!何かされたいのある?」
ミサキ「イケれば・・・。何かありますか?」
私「可愛いからいっぱいあるなー。何はダメ?」
ミサキ「何でもします!!」
私「中出しとか撮影とかだよ?(笑)」
ミサキ「撮影は・・・ダメです」
私「中出しはいいの?」
ミサキ「今はダメです!!ピル飲めば・・・」
私「じゃあ考えておいて!!」

…それからミサキから連絡が来たのは1週間後です。
ミサキ「ピル飲み始めました!!」
私「本当に!?」
ミサキ「だって、そうじゃないと会ってもらえなそうだし・・・」
私「いつがいい?」
ミサキ「生理が終わったら」

今度は中出ししてきます。

レポート作成者さんの情報
  • 名前(年齢):爽やか系舐め犬ジン(38歳)
  • 職業:会社員
  • 舐め犬経験:1~3年
  • 出会い系歴:始めたばかり
  • 会ったサイト:ハッピーメール

出会い系で条件なしでタダマンする方法を教えます

サルにはできない!出会い系で条件なしで確実にタダマンする方法

出会い系には処女、セックスレスの熟女、カワイイ子、キレイな子、地味な子、ポッチャリな子… いろんな女の子がいますね!!ある方法を使えばそんな女の子と条件なしで簡単にセックスも可能です。実践した多くの方からも報告をもらってます。期間限定で公開します。


舐め犬体験記
クンニが大好きな「なんちゃって舐め犬のポチ」(アラサー)です。
ブログで実際に舐め犬として会えてる方法や体験談、実践した方からの報告レポを紹介しています。

なんちゃって舐め犬のポチ

ハッピーメール

ハッピーメールはクンニされたい女を見つけることが可能な数少ない優良出会い系の1つ。国内最大の1000万人以上の会員数で運営歴も10年以上。無料で使える機能が豊富な利用者に優しい出会い系です。


ワクワクメール

ワクワクメールはクンニされたい女を見つけることが可能な数少ない優良出会い系の1つ。会員数が530万人以上と多く運営歴も10年以上。無料で使える機能が豊富な利用者に優しい出会い系です。


イククル

イククル

イククルはクンニされたい女を見つけることが可能な数少ない優良出会い系の1つ。会員数が800万人以上と多く運営歴も10年以上。無料で使える機能が豊富な利用者に優しい出会い系です。


PCMAX

PCMAX

PCMAXはクンニされたい女を見つけることが可能な数少ない優良出会い系の1つ。会員数が700万人以上と多く運営歴も10年以上。無料で使える機能が豊富な利用者に優しい出会い系です。