MENU

タトゥーの入った大学院生のアンナ

会ったのは24歳の理系大学院生のアンナ。
久しぶりにAランクの女。
150くらいの小さ目で、ほっぺがプックリしたのが印象的で鈴木ちなみ似。

まずは爽やかにカフェに連れて行く。
大学院での研究内容はイマイチわからない。

でも、肩も腰も疲れているみたいで、マッサージをしてるって話したら食いついてきてたけど、ホテル付いてくるか五分五分だったから焦らずご飯だけ。

マッサージをエサにホテルへ行く約束をする

マッサージからタダマンの方が圧倒的に多いが、ボランティアになることも少なくはない。
ホテルで恥ずかしい恰好にして密着できるチャンスには違いないし、ボランティアだけでも次につなげると言うのも悪くもない。

15時。渋谷駅で待ち合わせる。
ラブホに入る時は、ちょっと恥ずかしそうにしてた。
シャワーを浴びさせて用意しておいた紙パンツに紙ブラを渡す。
「エステみたいだね~」なんて嬉しそうにしながらバスルームへ行ってる間にアロマを焚いてリラックスできる雰囲気にしておく。

リラックスさせながら少しずつ全身の快楽のツボを押してやる。
真面目そうに見えてお尻にタトゥーが入ってた。

体の体温も少しずつ上がってきたところでオイルマッサージ。
ローションを想像してもらえば男でも感覚は分かると思う。
ゆっくり丁寧に全身をオイルマッサージしていく。

乳首や局部には一切触れてはいないが濡れているのはハッキリわかる(笑)

さらに脚をM字に開かせて際どい部分のツボを攻め続けた。
ビラビラの数センチ外側辺りをずっと触られているから焦らされてるも同じ。

そしたら「変な気分になっちゃうよ~」って(笑)
「紙パンツが凄い濡れてるもんね!こっちもマッサージする?(笑)」ってクリをツンって触ったら、こちらの予想以上に凄い反応。
嫌がらないのでクリを触りながらキスをしたら、すぐに舌を入れてきた。

タダマンゲット!!
って心で叫びながら、じっくり中の”ツボ”とクリを刺激してやると、マッサージで感度がかなり高まってたみたいで地響きのような喘ぎ声をあげて連続イキ(笑)

1戦を終えてると、アンナがマッサージお返しをしてくれた。
これが超絶のフェラテクでビックリ。

バックからついてたらツボにはまったみたいでイクし入れたままの潮吹き。
こっちがフィニッシュする前に限界がきたみたいで最後はフェラで口に発射。

マッサージの時に気になってタトゥーを風呂に入りながら聞いてみたら、予想通りにだいぶ遊んだりはしたみたい。
当分は研究室に籠るみたいだけど、またマッサージって約束はゲット(笑)
ハメ撮りはムリでも写真の1枚くらいは撮って、また報告したいと思う。

おすすめの記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

20代後半。マッサージ師。得意ジャンル:出会い系。学生時代に出会い系を始めて目標の100人斬りを達成。相手は18から45歳、4P、AFも経験する。ついには出会い系での遊びを中心にしたいために仕事を辞める。
現在はフリーのマッサージ師として働きながら出会い系で200人斬りを目指してます。