MENU

新宿駅構内のトイレ前をフラフラしてた看護学生をナンパ

新宿駅構内のトイレ前をフラフラしてた看護学生をナンパ

終電を逃してナンパのため新宿で降りる。
早く出ろって駅員のアナウンスが聞こえてたがまずは用を足す。

トイレを出ると千鳥足の女の子を発見。
飲んでて終電乗り遅れたって話をしながら地上まで行く。
驕りなら飲みに行っても良いって簡単に連れ出し成功。

細身でオシャレな普通の女の子は20歳の看護学生だった。
居酒屋で飲んでばかりっていうので雰囲気のいいバルへ連れて行く。

1年くらい彼氏はいないって話からオナニーの話になるw
舐められるのが好きすぎて自分でできないかチャレンジしたなんて言い出すw
人が多かったら迷惑な客でしかない。

1時間ちょっと飲んで盛り上がった良いタイミングでラストオーダーになる。

「どうする?もう少し飲む?」
「ネカフェ行こうかなー」
「ネカフェでオナニー?」
「めっちゃ興奮しそうw」
「じゃあ、見に行こうかなw」

ネカフェに行くと一人席が空いて無くてペアシートで入る。

「我慢しないで、していいよ」
「見るのー?ムリムリw」
「じゃあ、舐めてあげるよ」

耳元でささやきながら耳にキスしてマ〇コを舐めるように耳を舐めてやる。

「耳弱いからヤバイ・・・」

耳を舐めながらショートパンツを脱がす。
グッチョリ濡れてるマ〇コを指でほぐしてやる。
口に手を押さえて声を我慢している看護学生。
クリをペロって舐めてやると「んっ」って声が漏れる。
クチュピチャッて音が出ちゃうのは仕方ないw

「もうダメ。」
「イッちゃう?」
「ううん、声が出ちゃう」
「他行く?もっと舐めて欲しいでしょ?」
「うん。いく」

ネカフェからのエレベーターで耳にキス、信号待ちでディープキス。
ホロ酔いだし少し舐められてるから周りが気になって無さそう。

ホテルに入ってベッドに押し倒してクンニ再開。
ソフトに舐めてたけど激しくクリ舐めでイッちゃった。
イッても辞めずに舐め続けて指マンも追加で、またイッちゃう。

ほとんど絶叫状態。

「いっぱいイッちゃったねw」
「ごめんなさい。わたしばっかりイッちゃった」
「これからいっぱいしてもらおうかなー」
「うん」

脱ぐと「舐めていいですか?」っていやらしい上目使いで言ってきたw
フェラは下手だったけど目つきと仕草がエロい。
シックスナインからのゴム着きでの挿入。
正上位、バック、立ちバック、最後は騎乗位で下から突きまくってゴム内に発射。

一服して休憩。

「もっと舐めて欲しい?」
「舐めてくれるのー?」
「美味しいもん。いやらしくおねだりしてみて」

恥ずかしそうに脚を開いておねだり。
休憩しながら1時間くらいクンニで何回イッちゃったかw
「何回か真っ白に飛んでた」って。

2発目もゴムにフィニッシュ。

「また舐めて欲しいけど・・・今日だけ」ってLINEの交換はできず。
「もしも、また会ったら・・・」ってことで新宿駅で別れる。
フロに入ってる間に無防備に置いてたパスケースから学校とかわかってるけどw

おすすめの記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人